卒業生の声

松本 博子さん

松本 博子さん (2005年 SWボディケアコース卒業)

スウェーデン式ボディケア・フットケアをお知りになったきっかけは?

私は専業主婦でしたが、子供の手が離れる頃「女性をキレイに癒すお仕事」がしたいと思い、エステティシャンになりました。お仕事をするうちに、身体を主に構成する筋…


“揺るぎないテクニック・息の長い
セラピストを目指す方にぜひオススメします。”

  • スウェーデン式ボディケア・フットケアをお知りになったきっかけは?

私は専業主婦でしたが、子供の手が離れる頃「女性をキレイに癒すお仕事」がしたいと思い、エステティシャンになりました。お仕事をするうちに、身体を主に構成する筋肉のケアの重要性を感じ、ストレッチする方法や働きかけるマッサージ方法を探し求めているうちにアクセルソンと巡り会いました。

  • 技術を学んで役に立っていること、よかったなと思う事は何ですか?

それまで行っていた皮膚の上を滑るオイルマッサージは、筋肉に対するアプローチが不十分でした。それに対して、スウェディッシュは少量のオイルで施術するので手が滑らず、体重を利用して圧をかけるので、無理なく筋肉をキャッチして深くマッサージが行えます。 その結果、セラピストの身体にも負担が少なく、他のサロンとの違いを感じて頂けるテクニックだと思っています。お客様に、「キレイで元気になってほしい。」という願いにも近づけたと思います。

  • 学ぶのにアクセルソンを選んだ理由やポイントはありますか?

自分が受けたい・お客様にしてあげたいマッサージだと思ったからです。 ありがちな、「気持ち良いけど何をやって貰ってるか分からないマッサージ」ではなく、丁寧に一つずつ筋肉をほぐされる感覚や満足感があり、終わった後、とてもすっきり・シャンとしました。 「美や癒しにとどまらない健康を意識したトリートメントがしたい」という自分の想いに響きました。

  • これから入学される仲間へメッセージやオススメな点をぜひアピールしてください!

仕事上、今まで色々なマッサージや技法を習いましたが、アクセルソンほど丁寧な指導・技術チェックを受けたのは初めてでした。この歳になってもパワフルなマッサージが楽に出来るのは、しっかり基本を教えて頂いたお陰です。また、技術だけでなく信頼し尊敬する先生方のお陰で、卒業してからも戻る場所・原点があるという安心感も持ち続けています。揺るぎないテクニック・息の長いセラピストを目指す方にぜひオススメします。

今井 瑞穂さん

今井 瑞穂さん (2006年3月 SWボディケアコース卒業)

サロンを開業された今井さんに現在の様子を伺いました。

スウェディッシュボディケアの自宅サロンをしています。お客様は20代から70代までの女性のお客様が中心です。男性のお客様は紹介制をとらせていただ…


“スウェデッィシュの技術を指名すると
言って頂けることが喜びです。”

  • サロンを開業された今井さんに現在の様子を伺いました。

スウェディッシュボディケアの自宅サロンをしています。お客様は20代から70代までの女性のお客様が中心です。男性のお客様は紹介制をとらせていただいているため、一割ほどです。

  • 差し支えなければ以前のお仕事、この道に進もうと思ったきっかけなどを教えてください。

グランドホステス、心理カウンセラーを経て、このお仕事に就きました。心が癒されて気持ちが元気でいるためには、身体のメンテナンスも大事だと、カウンセラー時代に強く感じたことがきっかけです。身体の細胞のひとつひとつに緊張やストレスだけでなく過去の感情的しこりも記憶されていて、現在の身体の状態に影響を与えていると思ったことがマッサージに興味を持った始まりでした。はじめに身体をメンテナンスすると、カウンセリングとの相乗効果でさらに心が元気になっていくのではないかと逆発想をしたからです。

  • スウェーデン式ボディケア・フットケアなどはアクセルソンに入学前にご存知でしたか?

ハワイで出会った人からスウェディッシュボディケアを受けたことで知りました。今まで受けたどのマッサージよりもコリと疲れが抜け落ちた!という体験をして、こんなに素晴らしい技術があるのだと感心し、日本で学校が無いかしら?とネットで探したことで、アクセルソンを知りました。 その後スウェーデン本校と提携し、教える体制・技術がしっかりしていそうと感じたこと、入学前に先生から受けたマッサージ技術と人柄がよかったこと、心斎橋という立地が便利だったので入学することに決めました。

  • うれしい感想や苦労話など現場の声をお聞かせください。

定番の言葉が一番嬉しいです。コリが取れた、疲れが和らいだ、また来ます、後に寝つきがよくなったなど。スウェデッィシュの技術を指名すると言って頂けることが喜びです。苦労話というよりは自分の未熟さですが、 楽になって欲しいと思うあまり力が入りすぎて、ちょっと痛いのでゆるめにしてくださいと言われる事がまだまだだなあと思うことです。でも、他種類のマッサージに興味を持っている人も、基礎知識・技術としてアクセルソンのスウェディッシュボディケアを学ばれると、これからのセラピストとしての活動に絶対役立つと思います!

真砂 梨沙さん

真砂 梨沙さん (2008年 SWボディケアコース卒業)

スクール直営のサロンで施術をされているのですね。

はい、ボディケアコースを卒業し、現在はスクール内サロンや直営サロンでケアをしています。以前はOLでしたが、仕事が忙しくストレスの溜まってた時に…


“感謝の言葉をいただけるこの職業につけて、
とても幸せを感じています。”

はい、ボディケアコースを卒業し、現在はスクール内サロンや直営サロンでケアをしています。
以前はOLでしたが、仕事が忙しくストレスの溜まってた時にセラピーを受けたのですが、人を癒し心身のバランスを取り戻すことのできる職業は素晴らしいと思いました。「ecocolo」という雑紙でアクセルソンの特集があり、その理念に共感を覚えました。

  • アクセルソンの技術を初めて受けたときの感想は?

初めてアクセルソンのスウェディッシュボディケアを体験したのは、スクールの説明会でした。今まで受けたどんなボディケアよりもコリがほぐされていたのでとても気に入りました。説明会では先生による施術を受けることができるので、とてもよい判断材料になりましたね。

  • お客様の反応で一番嬉しかったことは?

はじめてスウェディッシュケアを受けられたお客様から「今までどんなサロンでも物足りなさを感じていたのに、今日は本当にコリがほぐれた」と言って下さるときに、アクセルソンでよかった、と心から思います。また、「とても気に入ったんだけど、この技術は他にはとこで受けられますか?」などの質問もよくいただきます。本当に嬉しくて励みになりますね。

  • これからの目標など聞かせてください。

私はサロンで働き始めたばかりですが、この短期間にでも多くのお客様に喜ばれ、感謝の言葉をいただけるこの職業につけて、とても幸せを感じています。でも肩こりのひどいお客様などは、一度でコリをほぐすことはまだ難しいので、一度の施術でも今よりもっと効果があるように技術を磨いて行きたいと思っています。

殿村 典子さん

殿村 典子さん (2005年4月 SWボディケアコース卒業・2007年1月  SWフットケアコース卒業・2005年7月  ドッグマッサージ ディプロマ取得・直営サロン勤務・サロン開業)

この業界に入られた経緯をお聞かせください。

銀行で長く役員秘書をしていましたが、何か人に喜んでもらえる仕事をしてみたかったのと、これからは代替医療が重要になると思い、台湾式リフレクソロジーを…


“休日には自宅サロンで、友人やご紹介による
お客様のケアをさせていただいています。”

  • この業界に入られた経緯をお聞かせください。

銀行で長く役員秘書をしていましたが、何か人に喜んでもらえる仕事をしてみたかったのと、これからは代替医療が重要になると思い、台湾式リフレクソロジーをスタートにこの業界に入りました。現在勤務している直営サロンはホテル内にありますので、女性はもちろん、ビジネスマンや外国の方など幅広い層のお客様が来られます。休日には自宅サロンで、友人やご紹介によるお客様のケアをさせていただいています。

  • スウェーデン式ボディケア・フットケアを学ぼうと思われたきっかけは?

この業界に入ったころは全く知らなかった技術でしたが、勉強を兼ねて東京のサロンへ行くために見たエステサロン・ガイドブックにスウェディッシュケアのサロンが載っており、スタッフの方の「今まで受けた中で一番気持ち良かったケア」というコメントが印象的で、思わずネットで調べたくらいです。スウェディッシュ フットケアに関しても、それまでは知りませんでした。その頃、アクセルソン以外にスウェディッシュケアを教えてくれるスクールはなかったこともあり、入学を決めました。

  • スウェディッシュケアの優れている点は?

クイックマッサージのような揉み返しがなく、アロマテラピーでは物足りないというお客様にも満足していただけるので、幅広い年齢層の方に対応できます。フットケアに関しては、ケアの専門道具が充実しているので、ウオノメや凄く厚いタコや角質も効率よくケアできます。「歩くと痛みがある」と言われて来られたお客様が、お帰りの際には「全然痛くない」と言ってくださると、この技術を学んでよかったなと思います。ひび割れて盛り上がっていたタコがフラットになり、ツルツルになると作品を作っているような感じで楽しくなりますね。

  • アクセルソンに入学して良かった!と思われる点をお聞かせください。

技術の良さは言うまでもないですが、丁寧に教えていただけること、そしてインターン実習(実技研修)をたくさんこなせるカリキュラム構成になっているので、実践レベルにまで鍛えてもらってから卒業できる、という点です。また、ドッグマッサージスクールも併設されており、動物のケアにも興味のあった私にとってはトータルにアクセルソンのスウェディッシュケアを習得できたことも良かったことのひとつです。

松永 幸子さん

松永 幸子さん (2008年3月 SWボディケア・フットケアコース卒業/直営サロン勤務)

以前は助産師をされていたと伺いました。ユニークな経歴ですね。

はい、助産師の仕事の中で、孤独に陥ったり、体の疲れに悩む妊婦さんを多く見てきました。妊婦さんだけではないですが、これからは一対一でゆったりと向き合った、…


“人を癒すことのできる業に就けて、
ほんとうに良かったと思います。”

  • 以前は助産師をされていたと伺いました。ユニークな経歴ですね。

はい、助産師の仕事の中で、孤独に陥ったり、体の疲れに悩む妊婦さんを多く見てきました。妊婦さんだけではないですが、これからは一対一でゆったりと向き合った、心とカラダのケアをしてあげたい、と思うようになり、そんな時に「スウェーデン式の施術がとても気持ちいいよ」と友人に教えられ、アクセルソンを知りました。

  • スウェディッシュ ボディケアをしていて一番嬉しかったことはなんですか?

お客様から「今までたくさん受けた施術の中で、ベスト3に入る気持ちよさ」とお褒めいただいたこと。アクセルソンのボディケアは、お客様の満足度の高い施術だと感じています。

  • スウェディッシュ フットケアの今後の可能性についてはどうお考えですか。

セラピストを目指すまでは、足の健康について考えたことがなかったのですが、学んでみると自分や家族の健康管理にも役立ち、活用の幅が広い技術だと感じます。また、高齢化の健康対策としても重要です。足が健康であるとウォーキングなどで健康維持も積極的に行えますし、人々の足に対する意識も北欧並みになって欲しいな、と願っています。

  • 最後にこのお仕事に就かれてよかったですか?

人を癒すことのできる業に就けて、ほんとうに良かったと思います。

原田 孝子さん

原田 孝子さん (2011年 SWボディケアコース卒業・直営サロン勤務)

以前は整骨院で受付のお仕事をされていたと聞きましたが?

はい、受付業務のかたわら、患者さんへの簡単なオイルマッサージも担当していました。実は、整骨院にいらっしゃる重症患者さん以外の方の主な悩みは、「肩こり」や…


“お客様に「スッキリした」「楽になった」と
言われるのが、一番の喜び”

  • 以前は整骨院で受付のお仕事をされていたと聞きましたが?

はい、受付業務のかたわら、患者さんへの簡単なオイルマッサージも担当していました。実は、整骨院にいらっしゃる重症患者さん以外の方の主な悩みは、「肩こり」や「足のだるさ」だったんです。そういう方々をケアし、喜んでいただくことが段々と嬉しくてなってきて、もっとちゃんとしたボディケアの技術を学びたくなりました。

  • なぜ、スウェディッシュボディケアを選ばれたのですか?

アロマやリフレ、ロミロミなど沢山のマッサージを実際に体験しました。どれも気持ちがよかったのですが・・・。スウェディッシュは受けている最中に「これを習いたい!」と思いました。ただ気持ちが良いだけでなく、しっかりと筋肉がほぐされる感覚がありました。施術が終わり立ち上がったときには、体が軽くてびっくりしました。

  • 技術を学んでよかったことは?

変な話ですが、自分の腰痛が治りました。スウェディッシュの基本姿勢のおかげだと思います。もともとヘルニア持ちで、ぎっくり腰にもよくなっていたんですが、今は一日中立ちっぱなしでお客様への施術を行っても、痛くなることは、ほとんどありません。お客様のためにも、まずは自分自身が健康であることを心がけています。

  • 今後の抱負は?

帰り間際のお客様に「スッキリした」「楽になった」と言われるのが、一番の喜びです。その声をいただくために、日々しっかりと勉強し、技術を向上させていきたいです。